“SIXTEEN” 第5回のあらすじ TWICEメンバーを選抜したオーディション番組

シックスティーン第5回 メジャーA対マイナーBシックスティーン

TWICEトゥワイスメンバーを選抜した韓国のサバイバルオーディション番組Mnet”SIXTEEN”第5回のあらずじ。

SIXTEENは新ガールズグループTWICEのメンバーを選抜するため韓国の大手芸能事務所JYPエンターテインメントの練習生16人によるサバイバルオーディション番組。

ケーブルテレビチャンネルMNetで2015年5月5日~7月7日毎週火曜日23:00に放送された。

視聴者投票途中経過

シックスティーン第5回投票途中経過
順位名前得票率
1位ジョンヨン9.5%
2位ツウィ9.3%
3位ダヒョン9.0%
4位ナヨン8.9%
5位サナ8.3%
6位ミナ7.8%
7位チェヨン7.8%

投票結果を見たパク・ジニョン
「あー・・・」

4th mission チームパフォーマンス公演

司会は2PMのチャンソン

公演開始前のパク・ジニョンの挨拶

「SIXTEENという番組が始まって、最もわくわくする理由と怖かった理由が同じです。それはあらかじめTWICEのメンバーに決めた参加者がいないということです。また参加者の魅力や長所に気付かずに誤った選択をしたらどうしようという怖さもあります。皆さんの考えを私に伝えてくれることが重要で、私の助けになります。特に今日は勝敗の判定は皆さんの投票だけで決定します。途中で私の考えを皆さんに切に訴えますが、私の話を参考に皆さんが判断してください。」

ミッションの意図

「彼女たちはTWICEというグループでデビューすることになるので、チームの中で自分の長所短所を知り、なぜ自分がこのグループに必要なのかを確認する機会にして欲しい。」

メジャーA vs マイナーB

  • 公演曲
    • メジャーA   Pharrell Williams”Happy”
    • マイナーB  Ariana Grande”Problem”

パクジニョンの評価

「両チームとも初めて観客の前で歌って緊張しただろう。観客の前で歌うのと観客無しで歌うのでは違うだろう?観客の前で歌うと生き生きする人と、萎縮してしまう人がいる。これは判断基準の中の1つになる。公演評価は3つの部分に分けて評価する。歌、ダンス、チームワーク。」

メジャーAチーム

「メジャーAチームで安定的でパワフルに歌ったのはジョンヨン。ダンスが上手かったのはチェリョン、徐々にダンスが生き生きとして来て、自信感があり動作一つ一つが正確でとても良かった。ナヨンは歌・ダンスが安定的だった。ミナは専攻がバレエで根本的にリズムに乗っていない。ステージに立った瞬間、リズムに乗らなければならない。しかし驚いたのは、そんな難しい状況でもチームの中に溶け込んでいた。チームワークは満点のA+。4人でアイコンタクトしてお互いを励ましてひとつになった。そんな頑張ろうという雰囲気がステージ全体に流れていた。これは非常に大切なことだ。」

マイナーBチーム

「マイナーBチームはダヒョンがエネルギッシュで、歌はやや残念な部分があったがダンスはエネルギーがあふれていた。歌はついにミニョンが生き生きとしてきた。これまで実力の半分も発揮できなかったが今日は70%から80%は出ていた。マイナーBチームは4人が自分のことだけを考えているように見えた。」

「この対決、私はメジャーAチームを選択します」

観客投票

メジャーA 189票 vs マイナーB 203票

観客投票の結果を見たパク・ジニョン
「いつでも皆さんの選択は大きな意味があると考えています。私が見えていなかった部分が何なのか家に帰ってからゆっくりと探してみようと思います。」

メジャーB vs マイナーA

シックスティーン第5回 メジャーB対マイナーA
  • 公演曲
    • メジャーB  Mark Ronson”Uptown Funk”
    • マイナーA  Keri Hilson”The Way You Love Me”

パクジニョンの評価

メジャーBチーム

「メジャーBチームのジヒョの歌は良かったが高音部分に難があった。例え音程を外しても自信を持って歌わなければならなない。その点が残念だった。ソミは呼吸が上手くない。しっかりした呼吸をしないと、声量豊かに聞こえない。私がいつも話してきた「空気半分、声半分」が・・・。 ナッティの歌声がこれほど個性的だとは思わなかった。今まで聴いたことがない個性的な歌声だった。ナッティの残念なところは曲の途中でダンスのリズムが速くなること。興奮して曲を聴かなくなってダンスが速くなる。それでもナッティのダンスの可能性は高い」

マイナーAチーム

「マイナーAチームのジウォンは今日ダンス、歌、雰囲気、何一つケチをつけられるものがない唯一のメンバーだった。今まで心の中にあった心配や恐怖が全く見えないいステージだった。今日は最高だった。モモはやはりパワフルで圧倒的なダンスを踊ったが、ダンスはエネルギッシュでも表情がちょっと・・・。表情と共に動作が出て来なければならない、その点が残念だった。チェヨンは上手かったが、いつも90%だけしか出ていない感じがする。もっと狂ったように出来るはずなのに、いつもテンションが上がらない」

チームワーク

チームワークは両チームとも助け合う雰囲気がとても良かった。きわどい勝負だったと思います。

あえて勝者を選ぶのなら僅差でマイナーAチームを選択します。

観客投票

メジャーBチーム 202票 vs マイナーAチーム 182票

司会の2PMチャンソン 「パク・ジニョンPDが支持した2チームが反対方向へ行っていますが・・・」

パク・ジニョン 「私もしくは、今日の観客の皆さんの2人のうち1人のコンディションが悪いようだ。」

4th mission 途中経過

  • メジャー
    • ジヒョ (↑)
    • ダヒョン
    • サナ
    • ツウィ
    • ミニョン
    • ソミ (↑)
    • ナッティ (↑)
  • マイナー
    • ナヨン (↓)
    • ジョンヨン (↓)
    • ミナ (↓)
    • チェヨン
    • チェリョン (↓)
    • ウンソ
    • ジウォン

SIXTEEN第5回 終わり

火花散るチームバトル… パク・ジニョンvs観客 「交錯した選択」

TV리포트
JYPエンターテインメントTWICEデビュープロジェクト「SIXTEEN」で火花散るチームバトルが開始され、話題を集めている。

2日放送の「SIXTEEN」第5話では、チームパフォーマンスバトルが進行、メジャーA・B、マイナーA・Bチームに分かれて対決を繰り広げる姿が描かれた。

この日の放送では、特別MC 2PMチャンソンのコメントで本格的なチームバトルの開始を発表した。第1ラウンドはメジャーAチーム(ナヨン、ミナ、チェリョン、ジョンヨン)とマイナーBチーム(ダヒョン、ツウィ、ミニョン、サナ)のステージが始まった。メジャーAチームはPharrell Williams「Happy」で可愛らしくエネルギーあふれるステージを披露し、マイナーBチームはAriana Grande「Problem」とパワフルな歌唱力と洗練されたパフォーマンスで観客の視線を捕らえた。

両チームのステージを見たパク・チニョンは「観客の前で歌うときに活きる人と萎縮する人がいる」と述べ、マイナーBチームに「ダヒョンが踊るときのエネルギーが強い。それでミニョンが活かされたのではないかと思う」と述べ、酷評と好評を同時に残した。

結局パク・ジニョンはメジャーAチームにチームワーク満点をつけメジャーAチームを高く評価したが、観客投票の結果はマイナーBチームで、相反する結果を見せた。

マイナーBチームは、意見の相違によって内紛が起こった。しかし練習中に席を設けて互いの胸の内を確認、ミニョンはサナに「サナが言ったことは理解できる。とても申し訳ない」改めて申し訳ない気持ちを表現し、ダヒョンも涙を見せチームメンバーに本音を告白した。その後4人は、心を一つにして練習に励み、チームミッションを完璧に準備する姿を見せた。その結果、視聴者の評価でダヒョン、サナ、ミニョン、ツウィはメジャーに昇格した。

続いてメジャーBチーム(ジヒョ、ソミ、ナッティ)のステージが繰り広げられた。メジャーBチームは赤いスーツを着て、中性的な魅力を披露しMark Ronson「Uptown Funk」で楽しいステージを見せた。マイナーAチーム(チェヨン、ジウォン、モモ)もKeri Hilson「The way you love me」で強烈なパフォーマンスと歌唱力を披露した。

両チームのステージの後、パク・ジニョンはメジャーBチームの「ジヒョは高音で恐れている感じ、それだけが残念だった」、「ソミは呼吸がよくない。「空気半分 声半分(공기반 소리반)」が残念だった」、「ナッティが個性的な声であることを今知った」と言って残念な点を指摘した。

マイナーAチームは「ジウォンはダンスと歌の両方ともミスのない唯一のメンバー。」「両チームきわどい勝負だったが、あえてよかったチームを選ぶとするなら、マイナーAチームを選定する」との結果を明らかにした。しかし、今回も観客の投票でパク・ジニョンの選択とは異なり、メジャーBが高得点を出してメジャーの座を守ることになった。1次のチームバトルの結果メジャー7人はダヒョン・サナ・ミニョン・ツウィ・ジヒョ・ソミ・ナッティとなりパク・ジニョンと観客との相反結果として注目を集めた。

来週の第6話では、3,4位対決を通じて脱落者が発生している。最後のチームバトルで観客評価団を魅了するチームは果たしてどのチームになるのか成り行きが注目されている。

ネクセン 7日斗山戦 JYP練習生 ジョンヨン-ツウィ 始球-始打

동아닷컴
韓国プロ野球ネクセンヒーローズは7日木洞球場の斗山ベアーズ戦にJYPエンターテインメント所属練習生ジョンヨンとツウィを始球・始打に選定した。

マウンドに登るジョンヨン(19)はMBC「私たち結婚しました(原題우리 결혼 했어요)」に出演中のコン・スンヨンの妹で始打の台湾人ツウィ(16)はまぶしい美貌で注目を集めている。

現在JYPの次世代ガールズグループTWICEのメンバーを選抜するMnetのオーディション番組SIXTEENに出演中のジョンヨンとツウィは優れた歌唱力とパフォーマンスで熱い反応を得ている。

SIXTEENソミ ハーフだから雑種と言われて涙・・・

헤럴드경제
ケーブルチャンネルMnet「SIXTEEN」に出演中のJYP練習生ソミがハーフという理由でからかわれ傷ついたことを打ち明けた。

2日放送されたJYPエンターテインメントのガールズグループTWICEデビュープロジェクト「SIXTEEN」では、チームバトルを繰り広げる姿が描かれた。それぞれメジャーA・Bチーム、マイナーA・Bチームに分かれて対決した放送でソミは胸の中に埋めておいた傷を思い出して涙を見せた。

この日ソミは、ハーフという事実のために「友人に雑種と言われたことがある」と友人の酷い言葉を思い出して涙を浮かべた。

ソミの父マシューは、「その話を聞いて心が痛いなんてものじゃなかった。本当に心が痛んで泣きそうになった。お母さんは泣いた。(友達のいじめを)気にするな」とソミを慰めた。

父の言葉にソミは「個性的に生んでくれてありがとう」と涙を拭いた。

ジヒョの母 「突然一週間に3~4kg太りだして驚いた」

한경닷컴

2日放送のMnet「SIXTEEN」第5話で、メンバーが4チームに分かれてチームバトルを競う場面が放送された。

この日の放送でメジャーBチームの宿泊施設に、ジヒョの母親が健康弁当を用意しジヒョの妹と一緒に訪問した。

ジヒョの母は「ジヒョは昔だったらTVに綺麗に映ったのに・・・」と残念がったが、これジヒョが「なぜそんな話をするの?」と決まり悪そうに話すと、ジヒョの母は「昨年すごく太った。突然週に3〜4kgずつ太りだして、おそらく思春期だからだろう」と説明した。

するとジヒョは「もう二十歳なのに、思春期?」と反論すると、ジヒョ母は「遅れて来た思春期」と答え、笑いを誘った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました